自宅で簡単にピーリングをする方法

MENU

自宅で簡単にピーリングをする方法

お肌のターンオーバーが活発に働いていると、お肌の再生がうまく行われるため、シミなどが出来にくく、ニキビが出来てしまったとしてもお肌の再生と共に、ニキビ痕も残りにくくなります。

 

シミやニキビ痕が気になる方にとって、ピーリングのお手入れは、気になる肌トラブルを改善する効果を期待することが出来ます。自宅で簡単に出来るピーリングの方法には、どのようなものがあるのでしょうか。

 

手作りのピーリング剤を使用する方法

ピーリング剤には、フルーツ酸・乳酸・グリコール酸などがあります。これらは、刺激が少ない成分であるため、初めてピーリングする方でも使用しやすいかもしれません。

 

これらのピーリング剤は、薬局で取り扱っているので、手軽に購入することが出来ます。角質が剥がれにくいのは、角質層の角質細胞がそれぞれの層を接着する働きを持っているからです。

 

この接着の働きを緩めるのが、フルーツ酸とも呼ばれているクエン酸です。

 

粉末のクエン酸を小さじ1杯、重曹を小さじ3分の2、精製水50ccを混ぜ合わせてピーリング剤を作ります。出来上がったピーリング剤は、大さじ1杯程度を1回分として、お肌にのばして、3分経過した後、しっかりと洗い流します。

 

そのほか、ヨーグルトには乳酸が含まれるためピーリング剤と似た効果を期待することが出来ます。ヨーグルトをお肌にのばして、3分経過した後、しっかりと洗い流します。

 

市販のピーリング効果のある化粧品を使用する方法

ピーリング効果のある化粧品が、数多くあります。ピーリングジェルやピーリング石鹸など、使い方も簡単で、配合されているピーリング剤もお肌に刺激の少ないものが多いようですが、稀に刺激の強いピーリング剤が配合されているものもあります。

 

配合されているピーリング剤の特徴などを確認しておくと、使用する時に安心です。

 

ピーリング剤配合の化粧品は、それぞれ使用方法に違いがありますが、力を入れて肌を擦ると、お肌を守るための必要な角質まで取れてしまう場合があるため、あくまでも優しくマッサージするように使用すると良いでしょう。

 

ピーリング剤は、成分そのものが角質を取り除く働きがあります。上手に使用することで、ツルツルした卵肌を目指すことが出来ます。