ツルツル卵肌のメイクテクニック

MENU

ツルツル卵肌のメイクテクニック

卵肌になると、メイクのノリが良くなる上に、さらにお肌を美しくみせることが可能です。艶やかで内側から輝いているお肌は、多くの女性の憧れでもありますよね。卵肌をさらに美しくみせるメイクテクニックには、どのようなものがあるのでしょうか。

 

化粧下地

化粧下地にも様々な種類があります。シミやくすみをしっかりとカバーするようなものがありますが、使い心地が重くなる場合があります。卵肌にみせる化粧下地にぴったりなのが、使い心地の軽い、肌色のクリームファンデーションです。

 

肌色のクリームファンデーションをお肌に薄くのばして使用すると良いでしょう。クリームファンデーションの中には、美容成分が配合されているものがあるので、化粧下地を塗った段階で、お肌が艶やかになる効果があります。そのほか、光を反射させる効果のあるものがあるため、このようなファンデーションを使用することで、内側から輝くようなお肌に仕上がります。

 

コンシーラー

化粧下地の後、小さなソバカスやシミなど、気になる箇所を部分的にカバーしておきます。

 

顔全体を厚いファンデーションで均一に整えるより、コンシーラーで部分的にカバーした方が、軽やかな仕上がりになります。

 

フェイスパウダー

化粧下地のファンデーションを塗った後、フェイスパウダーを使用することで、お肌に透明感が出てきます。気になる箇所を隠す効果のあるファンデーションは、お肌をカバーする効果はあるかもしれませんが、重い印象を与えてしまいます。

 

あくまでも軽やかでナチュラルな状態にみせたい場合には、フェイスパウダーを薄めに使用するのがコツです。この時、刷毛を使用してお肌をなぞるように軽くパウダーをのせます。使用するパウダーは、お肌に優しいミネラルパウダーなどを使用すると良いでしょう。

 

仕上げ

パウダーをお肌にのせた後、刷毛で顔についている余分なパウダーを落とします。顔色を整えるため、お肌に合う色のチークを頬に薄くのせます。

 

 

卵肌のメイクテクニックのポイントは、軽やかさです。自然な仕上がりでお肌をつるつるの卵肌にみせることが出来ます