ピーリングをする時の注意点

MENU

ピーリングをする時の注意点

ピーリングを定期的に行うことで、お肌のくすみや、シミなどが改善されることがあります。ピーリングのお手入れに使用する化粧品の中には、ピーリング剤の効果が強いものもあれば、弱いものもあります。

 

さらに、配合されている濃度にも違いがあるため、製品によって、使用頻度に違いがあります。

 

使い方によっては、お肌の古い角質を落として、健やかな肌に導く働きがありますが、製品の選び方や使用方法を誤ると、肌トラブルを誘発する場合もあります。ピーリングをする時の注意点とは、どのようなものでしょうか。

 

日本人の肌に向かないピーリング剤もある

ピーリング剤とひとことで言っても、成分の特徴や効果に違いがあります。

 

さらに、濃度によって、肌に負担が掛かる場合もあるため、初めてピーリングをする際には、出来るだけ、低刺激のお肌に負担が掛かりにくい製品を選ぶと良いかもしれません。

 

市販されているピーリング剤配合の製品は、お肌に負担を掛けにくいものが多いようですが、ピーリング剤の中には、日本人の肌に向かないものがあります。サリチル酸エタノールは、浸透力があり、お肌の真皮まで達して作用してしまうため、日本人の肌に向かないものとして知られています。

 

トリクロール酢酸は強い酸で、使い方の加減が難しいため、初心者には向かないかもしれません。ピーリングをする時は、使用する化粧品の成分を確認して、マイルドな使用感のものでお手入れをすると良いでしょう。

 

ピーリングの使用頻度に注意する

お肌にシミやニキビ痕などの、気になる箇所がある場合。早く効果を得たいと思う気持ちから、中には、決められた使用頻度を守らずに、頻繁にピーリングをしてしまう方もいるようです。

 

ピーリングをすることで得られる効果は、古い角質を剥がすことです。頻繁にピーリングをしてしまうと、古い角質だけではなく、お肌を守るために必要な角質を剥がしてしまうため、お肌のバリア機能が低下して、肌トラブルの原因となってしまいます。

 

ピーリングを効果的に行う方法は、使用頻度を守ることです。製品によって使用頻度が違うのは、配合されているピーリング剤の働きや強さや濃度が違うからです。使用頻度を守ることで、ピーリング剤の働きを、効果的に発揮することが出来ます。

 

 

ピーリングのお手入れを効果的に行なうには、自分のお肌に合った製品を、使用方法を守って使うことが大切です。