ピーリングの基礎知識

MENU

ピーリングの基礎知識

お肌がくすんでいたり、保湿をしてもお肌の乾燥が気になる時は、お肌のターンオーバーが滞っているのかもしれません。通常、お肌は肌周期によって、28日で新しいお肌に生まれ変わります。

 

しかし、お肌のターンオーバーがうまく働いていない場合、皮膚の角質が厚くなって、様々な肌トラブルの原因となることがあります。ピーリングは、不必要な角質を取り除きターンオーバーを促す最適な方法です。

 

ピーリングによる効果

ピーリングは、古い角質や毛穴の汚れなどを落とす働きがあります。ピーリングを定期的に行うことによって、お肌のターンオーバーを促し、新しい肌の再生をサポートします。

 

肌周期にあわせて、お肌の生まれ変わりが正常化すると、毛穴に汚れや皮脂が詰まりにくくなるのはもちろんのこと、シミの原因でもあるメラニンを排出する力も高まります。また、肌が常に新しく再生されることによって肌のきめが細かくなり、肌の保湿機能も高まります。

 

ピーリングの方法

ピーリングの方法には、化学的な方法を用いて行うものと、物理的な方法を用いて行うものがあります。化学的な方法の中には、薬剤などを使用して、角質を溶かすケミカルピーリングと呼ばれるものがあります。ケミカルピーリングは、グリコール酸・サリチル酸・乳酸などの薬液を使用します。

 

クリニックなどで行うピーリングはこの方法で、専門医がこれらの薬液の濃度をコントロールしてピーリングを行うため、表皮だけではなく、皮膚の深い層の部分などを選択して、ピーリングを行うことが出来ます。

 

物理的な方法の中には、薬剤を使用せず、スクラブ・ソルト・クリスタルなどを使用します。これらの物質を特殊な方法で肌表面に使用するか、吹き付けるなどして古い角質を取り除きます。

 

ピーリングの種類

ピーリングには、AHAピーリング・サリチル酸ピーリング・TCAピーリングがあります。

 

AHAピーリング

リンゴ酸・乳酸・グリコール酸・クエン酸などを使用したピーリング

 

サリチル酸ピーリング

AHAピーリングよりも、強力な酸を使用するピーリングです

 

TCAピーリング

トリクロール酢酸を使用したピーリングで、強い酸を使用するピーリング

 

 

ピーリングには、様々な方法がありますが、お肌の状態に合う方法を選んで、正しいやり方でピーリングを行う必要があります。