ピーリング石鹸の上手な使い方

MENU

ピーリング石鹸の上手な使い方

ピーリング石鹸は、ピーリング効果のある成分が配合されているため、通常の石鹸よりも古い角質が取れやすいという特徴を持っています。その特徴によって、お肌のターンオーバーを促し、お肌の生まれ変わりをサポートする働きを期待することが出来ます。

 

ピーリング石鹸を正しく使用して、理想の素肌を目指しましょう。

 

ピーリング石鹸はメイクを落とした後に使用する

洗顔石鹸の中には、メイクを同時に落としてくれるものがあります。

 

ピーリング石鹸を使用される方の中には、ピーリング効果があるくらいだから、メイクも一緒に落としてくれるはずと、お考えの方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、ピーリング石鹸は、あくまでもお肌の古い角質を落とすためのものなので、その効果を十分に発揮するためにも、ピーリング石鹸を使用する前には、きちんとメイクを落としておきましょう。

 

十分に泡立ててから優しく洗う

ピーリング石鹸を泡立てて使用することで、毛穴の奥の汚れが取れやすくなります。ピーリング石鹸の中には、通常の洗顔石鹸よりも泡立ちにくいものもあるため、スポンジやネットを使用して、しっかり泡立てましょう。しっかり泡立てた後、泡を顔にのばします。

 

洗顔する時に注意が必要なのが、通常の洗顔石鹸と違って、ピーリング石鹸はお肌の角質を取る働きがあるため、唇や目のまわりなどは、出来るだけ避けるようにして、そのほかの部分に泡をのばすようにしましょう。そして、通常の洗顔の時よりも、弱めに優しく洗いましょう。

 

そのあと、パックをする時と同じように、泡を顔にのばした状態で、約3分時間をおきましょう。ぴりぴりとした少し弱めの刺激を顔に感じはじめたら、石鹸に配合されているピーリング成分が古い角質を落としている合図です。刺激が気になる場合には、パックの時間を短縮すると良いでしょう。

 

ぬるま湯で泡を洗い流す

人肌の温度くらいのぬるま湯で、泡が残らないようにしっかり洗い流しましょう。

 

洗顔後は、お肌がデリケートな状態になっているので、保湿効果の高い化粧水やゲルなどで、十分に保湿するようにしましょう。ピーリング石鹸によって、毎日使用できるものもあれば、週に2〜3回程度のものもあるので、使用頻度を守るようにしましょう。

 

 

ピーリング石鹸を使用することで、少しずつ古い角質を落としていくことが出来ます。正しい使い方や使用頻度を守ることで、ピーリング石鹸の働きをより効果的に発揮することができます。