卵肌になるための洗顔方法

MENU

卵肌になるための洗顔方法

美しい素肌を保つための、最も大切なスキンケアは洗顔です。洗顔が正しく行われていない場合、肌の表面に余分な角質がどんどん蓄積されてしまうことになります。

 

このような肌状態で高価な美容液を使用しても、その効果は半減してしまうかもしれません。卵肌が、みずみずしくハリがある理由は、肌周期によって、お肌の角質が自然と剥がれて、正しくお肌の再生行われているからです。卵肌に近づく洗顔方法は、どのようなものなのでしょうか。

 

お肌に合った洗顔料を使用する

卵肌に近づくことをサポートするような洗顔料が数多くあります。卵肌を目指している方の中には、お肌について気になっていることがあるかもしれません。

 

例えば、ニキビでお悩みの方、乾燥でお悩みの方など。お肌の状態に合わせて洗顔料を選ぶことで、より効果的なスキンケアをすることが出来ます。

 

洗顔料をしっかりと泡立てる

洗顔料をしっかりと泡立てることで、その泡が毛穴の奥まで届いて、毛穴の奥の汚れを落としてくれることは、広く知られていることです。ここでも、お肌の状態を見て、洗顔を工夫すると良いでしょう。例えば、毛穴がざらつくほど、毛穴に汚れが詰まっているなど、こういった場合は、柔らかいタオルを使用して洗顔するという方法があります。

 

たっぷりの泡を顔全体にのばした後、その上から、柔らかいタオルで優しくマッサージするように洗います。もしも、お肌にニキビが出来ていたり、お肌が乾燥している場合には、タオルではなく手の平や指先などで、優しく洗うようにします。洗顔方法も、お肌の状態に合わせて行うと、より効果的な汚れを落とすことが出来ます。

 

ぬるま湯でしっかりと洗い流す

洗顔後、ぬるま湯で泡や汚れをしっかりと洗い流しましょう。

 

すすぎに使用するゆるま湯は、熱過ぎても冷た過ぎても逆効果になります。ぬるま湯で、顔全体や髪の生え際など、すすぎ残しがないようにします。

 

冷水で毛穴を引き締める

すすぎが終わったら、最後に冷水ですすいで、毛穴を引き締めるようにしましょう。

 

さらに、この後、氷や保冷剤などを使用して、さらに毛穴を引き締めるようにすると、毛穴が目立たない卵肌を目指すことが出来ます。

 

 

コツコツと毎日のケアを継続することによって、卵肌に近づくことが出来ます。自分に合った洗顔方法で、より効果的なお手入れを実践しましょう。